事業内容

有機導電膜塗布・材料販売

試作加工対応できます
新たな特性を追求した有機導電膜を開発
ガラス同等の屈折率を実現した有機導電膜の塗布加工・材料販売を

▲ラインの一部

▲設備

近年スマートフォン・タッチパネル・タブレット等、多くの製品にタッチセンサーが搭載されています。タッチセンサーはITOを使用するものが主流となっていますが、当社ではITOにはない特性を追及した導電膜の開発・材料販売を行っております。

:酸化スズをドープした酸化インジウム


また、当社では基板サイズG4.5(730mm×920mm)まで対応可能な成膜ラインを保有しております。お客様のニーズに合わせた塗布工程ラインの構築や装置手配、操業への対応が可能です。

特長

黒色の鮮明化

屈折率がガラスと同程度なため、ディスプレイの電源オフ時の界面反射が抑制され、黒色が鮮明となります。

柔軟性

柔軟性があり、フレキシブル製品への適応が可能です。

常温での成膜が可能

高温高圧処理が不要なため、0.25mm以下の超薄型ガラスにも塗布が可能です。

特性の調整が可能

有機材料をベースとした導電膜による材料のチューニングにより、下記の範囲で特性を調整可能です。

抵抗値 500 Ω/□ ~ 1G Ω/□
膜 厚 0.2µm ~0.8µm
ITOに比べても遜色のない特性

一般的な特性も下記レベルで有しており、ITOに遜色のない特性となります

  導電膜 ITO
透過率 95%以上 95%以上
屈折率 約1.50 約2.1
鉛筆硬度 9H以上 9H以上

用途・適用分野・応用分野

具体例
  • タッチパネル

    ※近年、ITO膜はタッチパネルの動作用途以外にも多くの分野で使用されており、下記例の様な電極関連への応用も検討中です。
  • 太陽電池の電極
  • 有機ELパネルの陽極
  • 青色発光ダイオード電極

お問合せ

お問合せは専用フォームから、または電話・FAX・E-mailからでもお受けしております。
株式会社NSC 営業本部まで、お気軽にお問合せください。

お問合せ専用フォームへ