事業内容

ケミカル凹凸加工

試作加工対応できます
美しく滑らかなエッジと触覚を活かした操作感
ガラス表面に透明で美しく滑らかな手触りの掘り込み加工を施します

凹凸加工とは、ガラス表面の任意の深さに、底面まで貫通することなく掘り込みを施す加工です。

薬液でガラスを溶かして加工するため、キズのない滑らかな仕上りとなり、加工部を透明で美しく仕上げることができます。タッチパネルの誘導ガイドなどにご利用の場合は、指先の触覚を活かした機器操作が可能です。

▼凹凸加工サンプル

特長

安全性

機械加工に比べ、エッジが滑らかなため直接触っても安全です。

デザイン性

デザイン性の高い自由な形状の加工が可能です。また、機械加工と比べて加工部がクリアで、透明性を保持できます。

強度

マイクロクラック(目に見えない程度の微細なキズ)が発生しないケミカル研磨加工のため、高い強度を保持することができます。

効率

形状の異なる複数の凹凸加工を同時に行うことができます。例えば、1枚に1ヶ所凹凸加工を行う場合も、50ヶ所凹凸加工を行う場合も、溶かす時間は同じです。
(但し、時間と加工数によって価格は変動します)

質感と衛生性

カバーガラスやトップガラスには、樹脂やガラスが使用されるのが一般的ですが、ガラスの場合は樹脂製に比べ、下記の特長があります。

  • 高級感がある
  • 手入れが容易
  • キズが付きにくい
  • 耐薬品性が高いことからアルコール消毒の際に溶けたりすることがなく、感染症予防に有効
加工サイズ

730mm×920mmサイズまで加工可能

凹凸加工による効果
タッチパネルの操作部※1、タッチパネルのスイッチ部の誘導ガイド※2として触覚を活かした操作が可能
凹凸タッチスイッチ
▲凹凸タッチスイッチ例
  • 掘り込みに沿って指を動かすことができるためスライダーや誘導ガイドから指が外れず、手元を見ることなく操作できます。
  • 操作対象物の明るさや温度数値、機械の動き等を見ながらのコントロールが可能なため、カーナビ等自動車部品にご利用の場合も、運転中前方から目をそらさずに操作でき、安全性の向上に繋がります。
    また、音声と組み合わせると更に安全性が向上します。
  • 目の不自由な方でも操作が可能です。

※1:静電容量式、※2:抵抗膜式、静電容量式、他

用途・適用分野・応用分野

具体例
  • タッチパネルにおけるコントロール部分への凹凸加工
    ホイール型スライダー、縦型スライダーなどご希望に応じたデザインが可能です。
  • 誘導ガイドへの凹凸加工
  • ガラス製品のデザイン性の向上
    ガラス表面にロゴや社名の掘り込みを入れることも可能です。

車載空調コントロール

対応可能ガラス
  • ソーダガラス
  • 強化用ガラス
  • 無アルカリガラス
    等さまざまなガラス種での加工実績がございます

お問合せ

お問合せは専用フォームから、または電話・FAX・E-mailからでもお受けしております。
株式会社NSC 営業本部まで、お気軽にお問合せください。

お問合せ専用フォームへ