事業内容

超薄型研磨加工

試作加工対応できます
液晶基板やガラスを最薄0.1μmtに超薄加工
増加する超薄型加工の需要に、当社独自の枚葉式ケミカル研磨でお応えします

▲0.1mmtまで加工された超薄型ガラス

スマートフォンやタブレットなど、従来からのモバイル向けの液晶基板やカバーガラスにおける薄型・軽量化需要に加え、近年はテレビや車載向けへの薄型加工需要が増加しています。
NSCではこうしたご要望に、独自の枚葉式ケミカル研磨による加工方式にてお応えしています。

	超薄型化により湾曲加工にも対応

ガラスは超薄型化することでたわませることが可能になり、曲面に沿った湾曲カバーガラスとして様々に活用いただくことが可能です。

湾曲ディスプレイ

  • 湾曲LCD試作パネルの点灯確認
  • LCDパネル厚 1.00㎜t ⇒ 0.15㎜tへ超薄加工
  • 曲率半径 R100mm
  • 湾曲状態でもIPS液晶の視野角特性は維持

特長

当社の枚葉式ケミカル研磨では、1,500mm×1,850mm(G6サイズ)までの大型ガラス基板の均一な薄型加工を実現しています。ガラスを平置きで処理するため、ガラス基板のたわみがなく、最薄50μmtまでの超薄型加工が可能です。また枚葉式ケミカル研磨では専用キャリアが不要となるため、治具跡がつきません。

板厚

NSCでは0.25mmt以下への薄型加工を超薄型研磨と定義しており、現在のところ最薄50μmtまでの超薄型加工が可能です。

強度

機械研磨加工に比べて、マイクロクラック(目に見えない程度の微細なキズ)がつかないため、ガラス表面の強度が約2倍向上します。

タイプ 加工 板厚[μm] 曲率半径R [mm]
44 33 26 24 16 10 5
ガラス 超薄加工+化学強化 50
ガラス 超薄加工 50 × -
LCDパネル 超薄加工 50 / 50 × - -

○: 損傷無し , ×: 損傷

面内精度

1.4mmt⇒0.15mmtへの超薄研磨の場合、板厚のバラつきを±20µm以下に抑えることができます。

加工可能サイズ

最小200mm×200mm~最大1,500mm×1,850mmまで加工可能です。

用途・適用分野・応用分野

具体例
  • モバイル製品
  • 湾曲ディスプレイ
  • フレキシブルディスプレイ
  • 有機EL照明
  • 後付車載アフターマーケット用ガラスフィルム
  • 高強度薄型ガラス
  • X線イメージセンサー
  • リチウムイオン二次電池
対応可能ガラス
  • ノンアルカリガラス
  • アルカリガラス(ソーダガラス)
  • アルミノシリケート系ガラス
    等さまざまなガラス種での加工実績がございます

お問合せ

お問合せは専用フォームから、または電話・FAX・E-mailからでもお受けしております。
株式会社NSC 営業本部まで、お気軽にお問合せください。

お問合せ専用フォームへ